白髪と病気は関係がある?

白髪の生えてくるメカニズムは、髪の毛の毛根にある、髪を黒く
する色素を作るメラノサイトという細胞の働きにより髪が黒く
なるといわれています。

このメラノサイトの働きが血行不良などで悪くなることにより、
髪に色がつかずに白髪が生えてくると考えられています。

この血行不良の原因といわれているのが

・加齢
・遺伝
・栄養不足
・ストレス
・病気

です。

白髪の増え方としては3パターンあるといわれています。

まず、加齢は歳を重ねるごとに、メラノサイトの活動が衰退し、徐々に
髪の毛の色素が少なくなっていくパターンです。

次に、髪の毛が生え変わる際に白髪になるパターンです。

最後に、突然白髪になるパターンです。

病気などにより、メラノサイトが突然、髪の毛を黒くする組織を作る
活動をストップしてしまい、白髪になってしまいます。

白髪が関係するといわれている病気には、甲状腺異常、マラリア、
慢性的な胃腸疾患、貧血などがあります。

髪は健康のバロメーターといわれるよう、体の健康に気を遣う
ことで、白髪の予防にもつながっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です